1. トップページ
  2. 活動の概要
  3. 小中高校国際理解教育

小中高校国際理解教育/在日外国人子女への日本語教育支援/
教職員研修・研究会講師派遣

「総合的な学習の時間」における「国際理解教育」につき、国際社会貢献センター(ABIC)では複数国での長年に亘る海外勤務経歴豊かな商社OB等を講師として下記の活動を行っています。

「国際理解教室」への講師派遣:
海外駐在経験豊富な商社OBを中心とするABIC講師を学校に派遣し、小中高の児童・生徒に世界各国の事情を解りやすく伝えるとともに、自己の経験に基づく公平な世界観を述べることにより、諸外国を理解し、国際社会への関心を促す活動を行っています。

外国籍児童・生徒への日本語・適応指導:
在日外国人の小中学校編入生に対し、現地勤務経験から子供の心理を理解できる会員が日本語の指導にあたり、学校への適応に効果をあげています。

教職研究会・研究会への講師派遣:
教育委員会や関係団体と協力して先生方の各種研修会に講師を派遣しています。

ABICの「国際理解教室」Q&A

Q1 どんなプログラムがお勧めですか?
A 「総合的な学習―国際理解」として、国別に希望者を募った受講クラスを、シリーズで数回、一度の場合は同学年数クラスの同時並行授業(生徒が入れ替わって2ヵ国講座を聞く等)など。
「総合的な学習の時間」のほかに、中学・高校では国際学科をはじめ、総合学科などの選択科目などで通年のプログラムとしても提案します。例えば、選択科目の「地理B」の授業で、半期もしくは通年で各国の様子を取り上げていくことなどです。

【講師派遣事例】

○小学校の例(講座テーマ・内容)
  • フランスの言葉と文化
  • 世界の国々と日本との違い
  • 世界大発見 アメリカ、フィリピン、インド、中近東
  • ロシアの言葉と文化
  • 世界の国々に広がる日本の自動車
  • サウジアラビアについて
  • オーストラリアの言葉と文化
  • アメリカの言葉と文化
  • ブラジルとサンバ
  • 日本の商社マンが見たベトナムの今と未来

世界大発見
インド、フィリピン、中近東

ブラジル人の日本人評価
 

世界に広がる日本の自動車
 

アメリカの言葉と文化
○中学校の例(講座テーマ・内容)
  • 語学研修支援(イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、シンガポール)
  • 中南米からの視線-きっと何かが変わる-
  • キャリア教育「働くことの意義と楽しさ」
  • 国際理解教室「オーストラリア」
  • ロシアについて学ぼう
  • ブラジル日系社会での日本語指導

語学研修支援(カナダ)

中南米からの視線 
ー きっと何かが変わる

ロシアについて学ぼう
○高等学校の例(講座テーマ・内容)
  • 英語学習とキャリアデザイン
  • 中東 「中東のことをもっと知ろう」
  • 世界の貧困と人種差別
  • アフリカ 「南アフリカは違う」
  • マレーシアの生活 オーストラリア 「あべこべの国オーストラリア」
  • 中国 「超大国中国と日本、大切な二国間関係」
  • アメリカ 「プロムに見るアメリカと日本の高校生、自己の確立と自立への道」
  • ブラジル 「ブラジルの地方都市」

中東のことをもっと知ろう

世界の貧困と人種差別

マレーシアの生活

Q2 授業のポイント(特徴)は?
A 国際理解の授業というとALT(外国語指導助手)など外国人による授業を思い浮かべられる方が多いと思います。小学生の低学年では、その国の人と直接話したり、触れ合いや人と人のつながりからその国を理解する方法が分りやすいかもしれません。しかし、高学年や中学・高校生になるとそういう交流だけでは知的理解にならず、基礎知識、具体的な生活や働く実例を聞くこと、日本の伝統文化に対する知識・理解と日本人の眼で見た外国観・世界観を知ることが大切です。そうした日本人としての自覚を持ち、開発途上国から世界をリードする先進国まで外国での生活体験・働く経験をしたABIC会員(元商社海外駐在員等)から、色々な国の話しを聞けるのです。

Q3 講師派遣費用は?
A 原則として小学校1回(50分)7,000円から中学・高校10,000円程度までの講師料を受益者負担でお願いしていますが、状況に応じ検討いたしますのでご相談ください。

Q4 題材・テーマ・方法は?
A 小学校では特に「活動させる・具体物に触れる・グループで相談する」などのような、飽きさせず興味を引くように下記のような手法を心がけています。
単に話を聞くだけではなく、ブラジルの「サンバステップ」やフィリピンの「バンブー・ダンス」を紹介するなど体験的学習もあります。
目で見せるものでは、アラブのガラベーヤ(白装束)、ロシアのマトリョーシカ(木製の人形で胴体部分が上下分割でき、中に小さい人形が入れ子構造で数個入っている)、 アフリカ諸国の民族衣装・楽器・民芸品などは、高校生にも好評です。石油(地下にある原油の浸み込んだ)原石カット見本や各国の紙幣・通貨なども理科や経済教育に役立っています。もちろんパワーポイントを使っての視覚効果を活用した授業も可能です。
「運動会や学校祭のイベントで発表という目標を立てて、ABICの授業をヒントにして自分たちで調べ、発表テーマをグループで相談・作成していく」など教育に役立てている学校もあり、小学校でも高いレベルの国際理解教育ができます。高校では同じくそれを下級生に聞かせる「自主研究テーマ発表会」に発展させている高校もあります。更に、2014年度より開始されるスーパーグローバルハイスクール構想の一環として、ABIC講師を派遣し、本事業への協力・支援活動に参画すべく検討しています。
ABIC会員には、各種ボランティア活動を通じ、国際社会に貢献している人も多く、「日本の民間人もそれぞれの持ち味を生かし世界に貢献している」ことを語り、将来の日本を担う子供たちの祖国愛とか日本の役割の認識などに繋がればよいと願っています。

○日本語指導

中国人児童

在日外国籍児童・生徒が増えつつある中、その支援策が充分でなく、教育現場の先生方や外国籍児童・生徒の保護者が困っておられます。こういった中でABICは自治体に協力し、授業時間での取り出しや放課後の補習などにより、毎年外国籍児童・生徒への日本語学習支援を行っています。
中国、韓国、フィリピン、ロシア、中東圏等の児童・生徒をそれぞれの国の生活を体験者した(ABIC会員)がその母語を使って心を解きほぐし、日本語の指導と学校の慣習など問題解決にあたり、成果を上げています。自治体・教育センターの支援活用方法などご相談に応じます。

○教員研修

ABICでは教育委員会や関係団体と協力して、先生や職員の方々の各種研修会に講師を派遣しています。テーマは一例を挙げると、

  • 世界の中の日本経済(石油をめぐる世界と日本)
  • 海外勤務時に於ける子弟教育と帰国子女問題
  • グローバリゼーション時代に於ける世界と日本
  • プレゼンテーション教育について
  • 国際社会で活躍できる人材の条件とその育成
  • 企業の求めるこれからの人材
  • グローバリゼーション化に学校教育はどのように応えるか
  • コミュニケーション能力とその意味について
  • 国際社会に於ける管理職

などご相談に応じます。