活動の概要
トップ > 活動の概要 > 国際イベントへの協力

国際イベントへの協力


をクリックすると活動会員からのレポートにジャンプします。


2014世界卓球団体選手権大会
及び2009世界卓球選手権横浜大会

2014年4月28日〜5月5日、国立代々木競技場と東京体育館で、また、2009年4月28日~5月5日、横浜アリーナで国際卓球連盟(ITTF)主催にて開催されました。この大会を支える様々な分野の語学ボランティアとしてそれぞれ49名/26名の会員が参加し活躍しました。


2014世界卓球 東京体育館正面玄関にて




Delegation Information
Deskにて

ITTFミュージアム館長の
チャック・ホーイ氏と



2007ユニバーサル技能五輪国際大会/国際アビリンピック

2007年11月14日~21日、沼津市と静岡市で第39回技能五輪国際大会と第7回国際アビリンピック(身体不自由者の技能五輪)が、大会史上初めて同時開催されました。ABICから会員31名が静岡県庁およびイベント対応会社経由で応募し、技能五輪は20名、アビリンピックでは11名がそれぞれ競技会場での通訳業務、選手団のアシスタントボランティアとして活躍しました。


技能五輪「抜き型」競技

技能五輪イタリア選手団と



アビリンピック
「機械組立」競技


IAAF世界陸上2007大阪

2007年8月25日~9月2日、大阪の長居陸上競技場で国際陸上競技連盟(IAAF)主催にて開催されました。ABICはこの大会開催に協力し、大会開催準備段階から終了までの1年半にわたり、組織委員会のボランティア委員として1名、ボランティアコーディネーターとして4名が尽力しました。また、選手村でのチームアタッシェ(選手団付担当)として会員2名が語学対応ボランティアとして活躍しました。



フランス選手団
オフィスの前にて

外国語ボランティア募集の
打合せ


2002FIFAワールドカップ・サッカー

2002年5月31日~6月30日、アジアで初めて開催された世界最大級のスポーツイベントW杯の運営を支援するため、会員60名が語学を中心とするボランティアとして活躍しました。ワールドカップ日本組織委員会(JAWOC)経由で登録し、研修を経て、国内各スタジアムでの観客誘導、大会関係者の送迎等や横浜パシフィコに設置されたメディアセンターでの外国メディア対応など、海外駐在で鍛えたスペイン語、フランス語、ポルトガル語等を駆使して活躍しました。
また、実況中継を請け負うスイスの通信社の各会場現場事務所で、開期前後の2~3ヵ月にわたり出入りする外国人スタッフに対応し、人事、総務、経理を1人で行うという業務に全国11ヵ所中7ヵ所で会員7名が採用されました。この業務は海外の支店やプロジェクト事務所での経験が生かせる商社OB等には適任でやりがいのあるものでした。



日本英語交流連盟主催の大学対抗ディベート大会を支援

毎年10月に開催される大会の前に行われる予選会のchairpersonとして、これまで数回複数名の会員がボランティアで協力し、高い評価を受けています。


ページの先頭へ戻る