マンスリー・レポート No.6 (2001年1月)
ABICの紹介で中国に赴任された方と関係者のメール通信内容

 中国・深センに赴任された神谷さんと関係者のメール通信の一部をご紹介します。

●神谷さん:2000年12月8日 9:33

 皆様お元気ですか。昨年2月まで中国にあるコイルセンターで働いていました。国際社会貢献センターに登録していたところ、深センのテクノセンターで管理者がいるとのことでこちらに来ました。テクノセンターは非常に面白い仕事をしており、日本の中小企業のために、工場、電気、水、工員の確保、食堂、それに運送、通関までを引き受けています。テクノセンターで委託加工し、香港に輸出が主な形態です。工場進出を決めて3ヵ月で立ち上げた例もあります。

 各社の通関を一手に引き受けているので、160種類の原材料と輸出製品100種の対応をする必要があり、手続きが間に合わないとか、船積みできないとか、いろいろなことが起きます。国内販売の手続きについても調べていますが、なかなか統一見解が出てこないので、手こずったりしています。

●Aさん:12月8日 19:04

 はじめまして。単身で辺境の地(そうでもないですか?)に赴任、ご苦労様です。私は、1998年12月、早期退職、自宅でフリーランスの英日、日英の翻訳をしております。現役時代は、一貫して、繊維およびアパレルの営業を担当。海外勤務は、ラゴス3年8ヵ月、モントリオール4年4ヵ月、青島1年9ヵ月です。中国とのつながりは、青島が初めてではありませんが、集中して関わったのは、リサーチ期間と工場立ち上げ期間を含め、93〜95年の3年間です。自分で、合弁事業を立案、工場のロケーション、パートナー探しから始め、工場設立、最終立ち上げ軌道に乗せるまで、一貫して中心になって関わりました。

 国内販売のお話が出ましたが、工場が立ちあがってからは、国内販売に力を入れました。工員を含め、400人ほどの従業員を全員自分で試験、面接し採用しましたが、有能なスタッフに恵まれ、いろいろ知恵を授けられました。5年以上も前のことで、現在の状況はわかりませんし、神谷さんが直面されている問題と私の昔の経験はつながらないかもしれませんが、一応私のバックグラウンドとして、ご報告させていただきます。

●神谷さん:12月9日 9:22

 早速のe-mailありがとうございます。国内販売については、今後いろいろ教えてください。ところでテクノセンターの中で検品の業務をやっている企業があります。目の良い女性が安く簡単に雇えるので、こんな仕事はまさに中国向けですね。

●神谷さん:12月12日 20:51

 最近こんな事件を耳にしました。ある企業の上海会社で起きた事件ですが、そのJ/V会社の総経理は日本で雇用した中国人で、工場長が日本人という会社。その中国人が上海に別会社(完全に中国の会社)を作り、自社製品をそこに横流ししていたことが発覚し即刻首にしたが、総経理をしていたので、帳簿も社印も持ち出し、通関もできなくなり、まったくお手上げの状態になったとのことです。既に中国の法律事務所に頼み、その総経理を告訴しているとのことですが、今までの日本側の管理にも問題があったと思われます。

●Aさん:12月13日 11:29

 トラブルの件では、私もあります。ある日突然、副総経理が1週間無断欠勤し、いまだに真相は闇の中ですが、現地社員からの情報では、不正行為のため公安の取り調べを受けたようでした。私は、多くのスタッフと個別に酒を飲み話を聞くようにしていましたが、誰かは必ず事情を知っているようですね。

●Bさん:12月22日 11:52

 『日経ビジネス』(11月27日発行)で「気がつけば 中国は世界の工場」という特集を組んでいます。中国企業が経営的にも力をつけており、日本企業は中国とどのようにアライアンスを組むかがポイントであるとの趣旨です。

 『ジェトロセンサー』12月号の特集は「新たな競争時代を迎えるアジア」です。NHKニュースの「ASIA World」で、最近台湾での対中国企業進出に伴う空洞化と失業問題を報道していました。

 銀行で顧客の海外進出をサポートしている人の話では、最近中小企業を中心とする中国への進出案件が増えているとのことです。

●神谷さん:12月22日 21:56

 中小企業の人手不足は明らかで、中国という外国に来ているのに、貿易も分からず、自社製品の通関用商品番号も定かでない企業もあります。この辺りを少しずつ分かってもらうように、工場長会議を開き説明しています。

 ところで世界のOA機器の50%が深セン地区で生産されているのをご存知ですか。とにかくわれわれの所に入っている企業をはじめこの地区では皆、増産増産で、お正月は当然として春節も3日間だけ休みのほかは仕事というところが増えています。日本の景気の悪さとは裏腹ですね。当地に新たに進出したいという会社も増えており、昨日も今日も見学と説明を聞きに来ています。

 やはり今一番頭の痛いのは通関問題です。年末が近いのが関係あるのか、些細な事で手間ばかりかかってしまいます。

 ところでつい先日1人の工員の銀行カードが何者かに使われ残金がゼロになっていることが分かり、カードが戻っているところから同じ部屋の人物ではないかとの疑いがもたれたのですが、銀行窓口に設置してある隠しカメラが、犯人の映像を捉えていて、やはり同室の人間であることが判明しました。

 もうクリスマスですね。香港は賑やかそうですが、こちらは何もなし。では皆様クリスマスを楽しんでください。

 JICAのシニア海外ボランティア派遣制度に機関申請し、12月1日付で正式に登録されました。

Copyright (C) 2003-2008, 国際社会貢献センター (ABIC)