マンスリー・レポート No.9 (2001年4月)
日本国内での活動のケース

・野村 哲三(元 三菱商事)
 大阪外国企業誘致センター(仮称)専門家
 大阪府・大阪市・大阪商工会議所が外国企業誘致のため、この4月に共同で設立した同センターの専門家として就任。オーストラリア、米国、関西での業務経験を生かし、大阪経済発展への寄与を目指す。

・岩崎  晋(元 東食)
 IAIジャパン・事務局長
 International Angelinvestors Institute(IAI)Japanは、日本でもベンチャービジネスをサポートするエンジェルを普及させようとの思いで設立されたボランティア組織。同組織の趣旨に賛同でき、実務処理能力のある事務局長の推薦要請があったもの。同氏は東食では財務部・為替証券部・リアルエステート部などを歴任。昨年4月、当センター設立の新聞記事を見て応募。

・渡辺  昇(元 三菱商事)
 渋谷教育学園幕張校・英語教諭
 同学園は、オーストラリア人のクラーク学長を擁する多摩大学などユニークな教育方針を推進する田村学園グループに所属。幕張にも中高一貫校を設立。千葉県内で高い評価を受けている。教員資格を持たない教諭の授業が可能になったことから、ビジネス経験のある人による、英語の有用性と楽しさを教える特別授業を4月から開始することで、推薦依頼が当センターにあったもの。同氏はTOEIC 970点。ドイツ語、フランス語も堪能。

Copyright (C) 2003-2008, 国際社会貢献センター (ABIC)