マンスリー・レポート No.27 (2003年2月)
JICA専門家派遣で、パラグアイとパキスタンに活動会員2名赴任
佐藤一雄氏

 パラグアイのアスンシオンに、昨年10月、佐藤一雄氏(元 三菱商事)が同国政府商工省の商工政策アドバイザーとして赴任されました。任期は2年間。パラグアイでは、すでに同年4月、JICAシニア海外ボランティアとしてABICが推薦し、グループ派遣された前田喜章氏(元 日商岩井)と平野潤氏(元 伊藤忠商事)のお二人が活躍されていますが、このお二人は、かつては重電プラント担当でライバルだったことが分かり、今は商社OBとしては利害関係もなく協業している不思議さを味わっているそうです。

小川清一氏

 また、パキスタンのラホールには、本年1月、小川清一氏(元 丸紅)が同国の中小企業振興支援のアドバイザーとして赴任されました。任期は2年。「中小企業振興支援という仕事は、商社OBにとって新しい分野ではありますが、昔の経験を生かしながら、それにとらわれず、柔軟に対処していこうと思っております」と抱負を語って出発されました。

Copyright (C) 2003-2008, 国際社会貢献センター (ABIC)