マンスリー・レポート No.36 (2003年12月)
「領事シニアボランティア」としてフランスに赴任

 外務省が在外公館の窓口サービス向上のため公募した「領事シニアボランティア」に占部重行(うらべしげゆき氏(元 トーメン)が、海外駐在経験者など応募者581人に対し採用10人という難関を突破し、採用されました。派遣先は駐フランス大使館で、12月5日に出発されました。業務は在留邦人や日本人旅行者に対する相談・処理等です。本制度は今年度新たに創設されたもので、任期は原則1年、最長3年。

 

Copyright (C) 2003-2008, 国際社会貢献センター (ABIC)