マンスリー・レポート No.88 (2008年4月)
新刊紹介●中国担当者にこの1冊を!
『中小企業の中国進出Q&A』
野中のなか 義晴よしはる (元丸紅 ABIC会員)

蒼蒼社出版

A5版350頁
定価2,730円

 本書は、中国進出に関わる中小企業の質問や講演テーマなどを、Q&A形式にまとめたものである。筆者は、中小企業基盤整備機構を通じて訪問した約30の都道府県の企業から実に様々な相談を受け、また、それら企業の経営者と中国各地を回り、関係当局や進出企業から貴重な情報やアドバイスを得た。

 大手企業の海外進出には、関係事業部門に加え、財務、審査、法務、人事・総務部門等の知識や経験が総動員される。しかし中小企業の場合、限られた人材で多くの決断をしなければならない。また氾濫する中国関連記事や情報の中で、「中国に進出したいが、何から始めればよいのかわからない」という経営者も少なくない。

 本書は、筆者自身の商社勤務と中国駐在経験を踏まえ、それと対比しながら、中小企業の陥りやすい落とし穴など、多くの事例と新しいデータに基づく解説に努めている。「13億人の中国市場」は、コロンブスのアメリカ大陸発見の比ではない。大市場に隣接することの幸運さを、多くの中小企業に実感して欲しいと願い執筆された書である。

構成:
第1章 中国への進出に当たって 第2章 様々な進出形態
  第3章 進出先の選定方法 第4章 会社設立と運営
  第5章 従業員採用のかんどころ 第6章 中国での販売
  第7章 経営リスクマネジメント 第8章 中国を知る
Copyright (C) 2003-, 国際社会貢献センター (ABIC)