マンスリー・レポート No.108 (2009年12月)
『だから、日本って変?』
将来に明るい展望が開けない日本に、14の問題提起〜
なんば安生 やすお 著(ABIC会員、元 三菱商事、
フランクフルト日本人国際学校国際交流ディレクター)

発行:文芸社

ISBN:978-4-286-08080-2

四六版256頁 定価:1400円(税別)
2009年12月発売

 本書は、南米とヨーロッパで通算15年以上勤務した筆者が、海外目線から日本を見た時に感じる違和感、疑問点を辛口な中にも関西人特有のユーモアを交えて書いたものである。企業の駐在員としてだけではなく、日本人学校でも勤務した経験を有することから、取り上げる問題もごく身近な問題から、教育問題、国としてのありように至るまで多岐に亘っている。
 お読みになれば、「おかしいんとちゃうの、これは。皆、疑問に思わんの?」という筆者の思いを、随所で共有できることであろう。

【本書の構成】
●日本人は音に敏感?●日本の自然に対する向き合い方は正しいか?
●日本では個が独立していない?●日本に町の美観という概念はあるのか?
●日本人は愛想が悪い?●日本の交通インフラはこれでよいのか?
●日本人は幸せな生活をしている?●日本は伝統・文化を重んじる国か?
●日本に大人の世界はある?●日本の学校教育はこれでよいか?
●日本には人が多すぎる?●日本は福祉国家になれるか?
●日本人の食感はインターナショナルか?●日本のありようはこれでよいのか?
Copyright (C) 2003-, 国際社会貢献センター (ABIC)