活動の概要
トップ > 活動の概要 > プロジェクトの受託

プロジェクトの受託


政府機関・大学関係の推進するプロジェクトの受託や協力、また、日本貿易会ならびにABICに加盟の法人会員各社が実施する社会貢献活動のプロジェクトに協力する活動も行っています。


政府機関・大学関係プロジェクトなどへの協力


虹の架け橋教室
  • 文部科学省「定住外国人の子どもの就学支援事業〜虹の架け橋教室」委嘱事業:2008年の経済不況の影響を受けた外国人児童生徒への緊急就学支援事業として、2009年から文部科学省が実施した「虹の架け橋教室」委嘱事業を、ABICは6年間継続受託し、ブラジル人の子どもを中心に茨城県常総市とつくば市に2教室を開校し、2014年12月に無事終了しました。6年間で両教室に参加した児童生徒数は382名に上り、就学支援に貢献できました。2015年度からは、「定住外国人の子供の就学促進事業」として、補助対象が地方自治体の教育委員会・首長部局に変更となり、本事業が茨城県の委託事業になったため2016年度からは、ボランティアによる自主事業として活動が継続されています。
  • 筑波大学「定住外国人児童の職育プロジェクト」への参加:在日ブラジル人学校や日本の公立学校の生徒に対し、将来に夢を託す進路・職業指導のため、筑波大学と協働で2010年に「職業育成(職育)プロジェクト」を立ち上げ、日本語指導・ワーク・ショップなどが実施されています。


ABIC法人正会員の社会貢献事業への支援

  • 三井物産のCSRプロジェクト「在日ブラジル人児童生徒支援プログラム」の実施業務をABICが引き受け、2005年から4年間在日ブラジル人学校30校に対し教育資材等の寄贈を行いました。2009年からは、奨学金供与に切り替え、2018年は26校の生徒447名に対し奨学金を支給しています。また、日本公立学校に通学するブラジル人児童生徒のための副教材開発プロジェクト(2005年〜2008年完成)にも参画。さらに、在日日系ブラジル人支援をしている「NPO法人トルシーダ」や、「在日本ブラジル学校協議会(AEBJ)」等14団体への協力支援も引き続き実施中。一方、ブラジル三井物産が2008年から帰国した子どもの就学支援や心理相談など教育サポ−トをしているNPO法人「カエルプロジェクト」に対し支援をしていますが、これに対応し、三井物産が2009年から毎年、同NPO関係者を日本に招聘しブラジル人集住都市約十数ヵ所でブラジル人の保護者や教育関係者を対象に「在日ブラジル人の子どもの教育を考えるセミナー」を開催し、幼児教育の重要性や、発達障害や自閉症の子供の相談なども行っており、ABICは実施諸業務を受託しています。

  • カエル・プロジェクト

    在日ブラジル人学校
    支援プロジェクト


  • 住友商事の社会貢献活動の一つとして2006年10月に「日本語を核とした日本文化交流プロジェクト」をベトナムのダナンで中学生を対象に日本語教室を開設。同社の要請を受けて日本語教師の資格を持つ会員を紹介しました(~2011年)。

ページの先頭へ戻る